転職サイトと転職エージェントの違いを分かりやすく紹介!メリットやデメリットまとめ

Sponsored Links

みなさん、転職活動する時どのように新しい仕事を探していますでしょうか?


「ハローワーク」や「新聞の求人欄」「転職系の雑誌」や「インターネット」などが思い浮かべると思います

その中でもパソコンやスマートフォンを使いインターネットで新しい仕事を探すことは当たり前になってきました

今回は、ネットを利用し新しく仕事を探す前に、初めて転職活動する人でも分かるように転職サイト転職エージェントの違いを解説していきます!

 

転職サイトと転職エージェントの違いとは?!

転職サイトについて解説

転職サイトとは転職希望者がインターネットのウェブサイトを利用し自分が希望とする求人情報を自分自身で探し、応募・面接まで進めていくサービスのこと

基本的に空いた時間でマイペースに転職活動が出来るので、バイト中や在職中の方でも休憩時間を利用し求人情報を手軽に探せるのでとても利用しやすいサービスです。

代表的な転職サイト

「リクナビNEXT」
「マイナビ転職」が有名
 

転職エージェントについて解説

出典:ビズリーチ

転職エージェントとは自分で求人情報を探す転職サイトと違い、転職支援のプロがあなた自身の担当アドバイザーとして求人の応募から面接対策まで転職活動全般をサポートしてくれるサービスのこと。

担当アドバイザーがあなたが転職活動で不安に思っている事を的確にアドバイスを貰えたり履歴書チェックや面接の練習、企業との調整や手配もしてくれ、あなたに最適な求人を紹介してくれます。

このようなサービスを受けるには担当アドバイザーとの打ち合わせ時間を確保する必要があり転職サイトより手軽さには欠けますが、初めて転職する人や本気で転職したい方は転職エージェントを利用する事が1番のおすすめで確実です

代表的な転職エージェント

doda(デューダ)
・リクルートエージェント
マイナビAGENT
・ビズリーチが有名です

転職サイトのメリット・デメリット

ここでは転職サイトのメリットとデメリットを紹介します。

数多くの情報がインターネットにある中、メリットとデメリットを簡単にまとめました。

転職サイトのメリット

・空いた時間で自分のペースで探せる
・求人情報数が豊富
・スカウト機能があり企業側からオファーが来る場合がある
・希望条件や地方でも探しやすい

上記メリットを順番に説明していきます

空いた時間で自分のペースで探せる

転職サイトはインターネットさえ使えればすぐ転職活動ができます。
仕事やバイト中の休憩時間はもちろん、就寝前や音楽聴きながらでも探せるんので自分の好きな時間に利用できます

その他に、1年後に転職したいと目安となる期間を設けてる方など事前段階で、どのような会社が求人が出ているかなどリサーチが可能

いつでもどこでも転職活動ができるのが転職サイトの最大のメリットです

求人情報が豊富

転職サイトには豊富な求人情報が載っています。

  • リクナビNEXT:約40,000件
  • マイナビ転職:約7,500件
  • エン転職  :約3,900件

最初の本格的な転職サイトとしてリクルート社が1996年に立ち上げた「Digital B-ing」があげられますが、同サービスは「リクナビNEXT」と名を変更しています。

その他にも1999年に「マイナビ転職(毎日キャリアナビ」2000年には「en社会人の転職情報」などがありますが、これらのサイト運営会社は元々紙媒体の職業情報を扱っていたり、情報誌の営業を行っていた会社が多くノウハウも多い

インターネットの普及に伴い各企業が転職サイトをオープンしました。
これまでのノウハウをインターネットという媒体を利用し、企業側と求職者との架け橋として大きくなってきました。

企業側も転職サイトでより多くの人材を幅広く探せ、求人広告も一部転職サイト側に任せることによって採用担当の負担の軽減できます。
利用者にとっても無料で手軽に転職活動ができるということ利用者が増えるので、必然的に人が集まりやすい所に求人情報が多くなるということになっています。

スカウト機能があり企業側からオファーが来る場合がある

転職サイトは基本的に希望とする企業を自分自身で探し、応募・面接まで進めていくサービスですが、多くの転職サイトでは「企業側からオファー」されるスカウト機能もあります。

スカウト機能に登録すれば、あなたの履歴書から今までの経験から興味を持った企業からスカウトが来て「即面接」なんてこともあります

希望条件や地方でも探しやすい

転職を考える際に「土日休み」や「産休・育休」「転勤の有無」などあなたの条件も様々。

転職サイトでは求人を検索する際に「細かい希望条件」を設定し求人情報を検索することが出来ます。
また、転職エージェントが利用できない地方住みでもインターネットさえ使えれば転職サイトで求人を探せるのが強みです

転職サイトのデメリット

 

転職サイトは手軽にできる反面、デメリットもつきもの

いくつかのデメリットを上げますので悪い所も知っておくのが大事です

・転職活動も自分次第
・求人の豊富さがデメリットでもある
・転職活動のサポートを受けられない
・不合格率の高さ
・ブラック企業もある

転職活動も自分次第

手軽に転職活動ができる転職サイトは、逆にいうとやる気を出さないと転職活動が前に進みません

転職活動というものは何気に労力を使いますし、だらだらやってくると次第に面倒になってきます。

企業の応募や面接日程の調整など企業の採用担当者と直接やり取りをしないといけないので、自分のやる気次第が転職活動がうまくいくか大きなポイントとなってきます

求人の豊富さがデメリットでもある

転職サイトによって求人数が数千件から数万件と数多くある案件の中で自分に合った本当の求人に探し出すのは困難な場合があります。

メリットの部分で説明した「求人情報を検索する」にあたっての希望条件などを設定しないと沢山の情報がでて混乱しがちです。あなたが希望する条件を細かく設定しあなた自身の希望に合った求人を見つけ出すテクニックが必要となります。

転職活動のサポートを受けられない

応募から面接まで一通りあなた自身で進めなければならない転職サイト。

担当のアドバイザーが付かないため、面接対策や履歴書・職務経歴書の添削などサポートを受けることができません。

人前で話すのが苦手だったり、履歴書や職務経歴書を書くのが苦手な方は苦労する場合があります。

不合格率の高さ

転職サイトはインターネットさえ使えれば誰でも登録できてしまいます。その為大手企業や人気ある企業では応募が殺到します。

1ー2名の採用枠に対して応募人数が100件以上あるというのが多々あります。
面接までいけず書類選考で落ちてしまう人も非常に多いです。

その為に利用する転職サイトであなたの履歴書や職務経歴書をしっかりと作りこんでおく必要性があります。

ブラック企業もある

転職サイトでは豊富な求人募集の中にはブラック企業も数多く存在します。

転職サイトで「あれ、この求人前にもあった」なんて思ったことは無いでしょうか?

転職サイト側は求人広告費を出してくれるので「あなたの会社はブラック企業なので掲載しません!」ていう事はあまりしません。逆にいうと広告費を払ってくれる良い企業という認識になりがち。

・詳しく給与面や福利厚生が記載されているか
・集合写真や企業の写真に違和感がないか
・見込み残業は何時間か
・年中求人情報載せてないか

など、ブラック企業に入社しないためにも自分でGoogleや口コミサイトで事前に企業情報を下調べする必要があります。

転職エージェントのメリット・デメリット

次に転職エージェントのメリットとデメリットを解説していきます。

転職サイトと比較して良いところ効率よく転職活動に役立てましょう!

転職エージェントのメリット

転職エージェントでは転職サイトではない転職サポートが受けられます。
その外にも多くのメリットがありますので順番に説明していきます。

  • 担当アドバイザーがつく
  • あなたに合った求人がみつけやすい
  • 非公開求人情報を紹介してもらえる
  • 書類の手間が省け、交渉や手続きを代行してくれる

担当アドバイザーがつく

転職サイトではなかった担当者があなたの転職活動をサポートしてくれます。
担当アドバイザーは転職のプロでもあるため、初めにキャリアカウンセリングし、あなたに合った業種や今までのキャリアからあなたの強みなども教えてくれます。

転職に対する不安や心配事にアドバイスやフォローもしてもらえるので、とても心強いです。

さらに応募する企業によっては担当アドバイザーが求人企業側と独自のパイプを持っている場合があるので、企業毎の求めてる人物像や面接傾向に関する情報を蓄積しているので、きちんと対策すれば合格率が上昇します。

あなたに合った求人がみつけやすい

上記の通り担当アドバイザーがキャリアカウンセリングを行いますので、あなたの強みや逆に苦手な分野などを分析し評価してくれます。

カウンセリングすることによって、自分が思っているより潜在的に評価が高い分野があったり、実際には厳しいと評価もされたりします。

客観的に評価をしてくれるのであなたに合った最適な求人に転職しやすくなります。

非公開求人情報を紹介してもらえる

転職エージェントを登録すれば「非公開求人情報」を紹介してくれます。

非公開求人は一般に公開されていな求人情報で、有名企業や大手企業のような優良案件があったりします。

何故こういった有料企業が非公開求人情報に載っているかというと、転職サイトで載せてしまうと応募が殺到し時間がかかってしまうからです。

企業側からすると急な退職や異動などに対応しなければいけなく即時性が非常に重要視されるので、企業側が求めている人材とマッチしする求職者を効率よく早く見つけたいということで転職エージェントへ依頼し非公開求人情報として募集していたりします。

その他の理由としては、企業の採用情報を外部に漏らさないようにするためにも非公開求人として扱われていたりします。求人公開すると会社の年収や仕事内容の詳細をインターネットに載せなければいけません。
ライバル企業などにこれから取り組もうとする新規事業などが知られてしまうケースもあり企業にとってマイナスのイメージとなりかねる為に「非公開求人」として募集をかけてる場合があります。

書類の手間が省け、交渉や手続きを代行してくれる

転職サイトでは応募する企業毎に履歴書や職務経歴書を用意する場合が多いですが、転職エージェントでは一度履歴書や職務経歴書を担当アドバイザーに提出すると、そのデータをもとにさまざまな企業に応募することができるので作成する手間が省け効率よく転職活動ができます。

また、面接の日程調整や自分で言いにくい年収の交渉など担当アドバイザーがあなたに代わって交渉してくれます。転職エージェント側も年収が上がれば上がった分マージンも増え担当アドバイザーの成績にもなるので頑張って交渉してくれます。

さらに万が一不合格になった場合でも、企業側よりなぜ不採用になったかという理由も教えてくれます。理由を知ることによって対策もできるので、結果的に転職できる確率があがります。

転職エージェントのデメリット

次に転職エージェントのデメリットを紹介します。

・求人を紹介してくれないor希望に合わない求人を紹介される
・担当アドバイザーによって差が出る
・気軽に利用することができない
・サポート期間は約3カ月と短い
・利用する転職エージェントによって業種の偏りがある

この5つを順番に紹介します

求人を紹介してくれないor希望に合わない求人を紹介される

転職サイトとは違い転職エージェントは担当アドバイザーが独自にパイプを持ってたりします。転職エージェントとしても企業との繋がりを大事にしていますので、企業が求める基準に満たしてなければ紹介してくれません。

そのため、あなたのいままのでキャリアによって良い求人を紹介してもらえる場合や、その逆に全く紹介してくれない場合があります。

なかにはノルマ成績が高い転職エージェントや民度の低い転職エージェントでは、担当アドバイザーとの繋がりが強い会社を猛プッシュしてきたり、成績のために評判が悪い企業の求人を紹介してくる場合もあります。

転職エージェント利用しても転職活動を失敗している人も多いので担当につくアドバイザーに任せっきりではなく、あなた自身で転職サイトを利用し調べたり、希望条件が合わない場合は無理をして受けるということも時間の無駄になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

担当アドバイザーによって差が出る

担当アドバイザーも長年勤務している人から、入社して数年という方もいるので経験値でサポート力の差がでてきます。

転職活動にはあなたの人生がかかっているので、ちゃんと希望としたサポートを受けられてるか、頼れる存在なのか見極める必要があります。

以前私の担当になったアドバイザーは入社数年の方で、メール連絡しても約束を守らなかったり時間にルーズだったりしたことがありました。その時はサポートセンターへ連絡し理由を伝え担当を変更してもらいました。その時はサポートセンターへ連絡し理由を伝え担当を変更してもらいました。

理由がある場合には担当変更も可能なので、その時はサポートセンターへ相談してください。

気軽に利用することができない

転職エージェントで求人を紹介するには、まず登録し担当についたアドバイザーとキャリアカウンセリングを受けることが必須です。

休みの日などに転職エージェントまで足を運ばなければならないので、時間や手間などが面倒と感じるところがデメリットとなります。

地方に住んでいる方によっては事務所が無く利用できない場合もありますが、なかにはWeb面談が可能な転職エージェントもあるので、面談へ行くのが難しい場合は検討してみてください

サポート期間は約3カ月と短い

転職エージェントを利用すると担当のアドバイザーがつきますが、サポート期間が「3ヵ月」というのが一般的。

初めのカウンセリングから転職先が決まるまでの期間の目安を設けているため、

ゆっくりと転職活動をすることができまん

ただ本当に転職したいと思っている方の多くが約3ヵ月の間に転職先が決まっている事が多いので、今すぐにでも転職したい方は転職エージェントを本気で利用しましょう

利用する転職エージェントによって業種の偏りがある

転職エージェントにとって得意な業種や職種があります。

看護師系の業界に強い転職エージェントもあればIT系に強い転職エージェントもあります。
本当は「IT系」で働きたいのに「看護士業界に強い転職エージェント」に登録しても、あなたにマッチする求人も必然的に少なくなるので事前にどの業界に強い転職エージェントかを調べる必要があります。

まとめ

転職サイトも転職エージェントもメリットもあればデメリットも沢山あります。

転職を半年から1年後にしたいと思っている方は転職サイトでどのような企業が求人を出しているかチェックすることをおすすめします。
事前にチェックしておくことで、以前からある求人広告で企業の見極めができるかからです。

一方、転職が決まり次第会社を辞めたいと思っている方は「転職サイト」と「転職エージェント」両方使うことをおすすめします

それはあなたが気になっている求人に転職サイトから申し込み書類選考が落ちた場合でも、転職エージェントを利用し担当アドバイザーが推薦してくれることにより書類選考が通る場合もあるからです。

「転職サイトと転職エージェント」の「メリットとデメリット」をしっかり把握し上手く併用する事が転職活動の成功率を上げるポイントとなっています。