【スペックや定価、入荷情報など】GOALZERO(ゴールゼロ)Lighthouse micro flash【2021年大人気LEDランタン】

Sponsored Links

ようやく手に入れましたよ”GOAL ZERO Lighthouse micro flash

今流行っている小型LEDランタンの大人気モデル!

2021年9月現在、コロナ禍でもようやく流通が増えてきて(少しずつ)

以前よりは入手困難状態で絶対手に入りません状態からは少しずつ緩和してきています

 

とはいえ、まだまだAmazonや楽天などでポチればすぐ手に入るという状態には到りませんが

現在は島忠などのホームセンターでも販売されている情報がちらほらと増えてきています

\\ 注目 //

そんなこんなで、今日はGOAL ZERO Lighthouse micro flashについての記事です

具体的に下記の内容でご紹介していきます

この記事でわかること
・ゴールゼロ ハウスマイクロ フラッシュとは?
・入荷情報
・スペックや使い勝手

数年後にわたし達がこの記事を読み直した時に

森の
森’

あの時は全然手に入らなかったんだよなぁ

なんて、思えるように早く前のようになって欲しいと思いますね

Ledlenser ML4についてはこちらから

 

「GOAL ZERO Lighthouse micro flash」とは?

撮影:森の

撮影:森’

2008年に米国ユタ州で設立された会社「Goal Zero」より販売しているLEDランタンの製品です

昨今のキャンプブームで品薄状態となっており、なかなか手に入れることができないが

使いやすさやコンパクトさ、ガレージブランドなどで様々なカスタマイズ商品が販売されている大人気のコンパクトLEDランタンです

森の
森’

手のひらサイズで持ち運びも簡単!

Lighthouse micro(ライトハウス マイクロ)との違い

Goal Zeroの「Lighthouse micro flash」とは別に「Lighthouse micro」も販売されています

簡単に2つの違いは下記の通り

・Lighthouse micro flashはフラッシュライトを備えた3つの点灯モードが使用可能
・Lighthouse microは2つの点灯モードが使用可能
森の
森’

本体上部の*フラッシュライトが付いてるか、付いていないかの違いだよ!

*フラッシュライト=懐中電灯

入荷情報

Wild-1や各セレクトショップで入荷しますが、未だに品薄状態
島忠ホームズなどホームセンターでも入荷していると情報があります

 

ちなみに先日、島忠へ行った時に店員さん声をかけてみました

「他の島忠の店舗に在庫確認してもらえますか?」と聞いたら

大丈夫ですよ

と言っていました。

在庫ありの店舗もありましたが遠すぎるため私は断念しました。

あと、ヨドバシカメラのキャンプ用品店にも売っているようです(値段少し高め)

森の
森’

僕は秋○原のヨドバシカメラでゲットしました!!

定価より500円程高かったですが・・・。
ただ、その分ポイントバックされるので実質定価という形になります。

しかも1家族1つまでとルールがあり、過去の購入履歴まで見られる徹底ぶり

普段こまめにInstagramやTwitterで「ゴールゼロ」で検索しなければいけませんね

ちなみにTwitterやインスタグラムでも”ゴールゼロ”などで検索すると調べられます

定価はいくらなの?

Lighthouse micro flash:4,290円(税込)
Lighthouse micro:        3,080円(税込)

メルカリでは現在いまだに2倍近くの高値で販売されています

スペック

今回僕が手に入れたLighthouse micro flashのスペック

本体サイズ:約93mmx38mm

重量:約68g

明るさ:最大150ルーメン

内蔵バッテリー:9.52Whリチウムイオン電池

点灯目安時間:7時間~最大170時間

森の
森’

170時間だと1日つけっぱなしでも7日間もつことに・・・。

3つの点灯モード

フラッシュライト

撮影:森’

まず1つ目の機能の”フラッシュライト”

第一印象は「結構明るい!」という印象

部屋を暗くして壁に光を当てても十分にフラッシュライトの役目を果たしてくれる明るさ

撮影:森’

キャンプ中にトイレに行くときでも十分に役に立ってくれそうです

ランタン機能

撮影:森’

 

Lighthouse micro flashには5つのLEDの基盤があり

強モード:5つLED点灯

弱モード:2つLED点灯

という感じで分かれています

森の
森’

LEDの色は共に電球色になってるよ!

【強モード】撮影:森’

強モードの5つ点灯は、ファミキャンなどで使う大きいテントでは物足りない明るさですが

ソロキャンで使うには十分すぎる明るさです

【弱モード】撮影:森’

弱モードの明るさは個人的にはソロキャンプで使用するには丁度いい明るさで

若干暗い方が雰囲気も良いので気に入っています

上記写真では手前のLEDが光っていなく、その分強モードより暗くなっています

非常に軽い

重さが約68gなので非常に軽いです。

 

最近発売された5050workshopの”MINIMALight”(ミニマライト)が約107gなので

比べると39gも軽いです

出典:5050WORKSHOP

このコンパクトさは自分用で使ったりはもちろん

ファミキャンの時に子供に持たせても扱いが楽なので、いくつ持ってても邪魔にならないですね

充電式が便利すぎ

撮影:森’

本体にはUSBコネクタが装備されてるので、充電が減ってくればモバイルバッテリーでも充電が

できるので非常に便利です

森の
森’

因みに満充電するには約3.5時間程で充電できるよ

撮影:森’

下部にUSBコネクタが収納されます

指一本で出し入れできるので楽ちん

コスパ最強ランタン

撮影:森’

約4000円で購入できるコンパクトLEDランタンは機能性、持ち運びやすいコンパクトさで

人気なのが納得の一品!

最近ではガレージブランドでも色々カスタム商品が出ておるので自分好みにカスタムするのもあり

 

私も1個購入したら使いやすさなどで、あと1-2個は購入したいぐらいでした

早く普通に買える日が来るといいな

今回の紹介したアイテム

\\ 注目 //

バイクでキャンプへ行くあなたにおすすめの小型LEDランタン3選!はこちら