【小型LEDランタン2021年版】バイクでキャンプへ行くあなたにおすすめのランタン3選!【ゴールゼロ・Ledlenser・UJack】

Sponsored Links

撮影:森’

バイクでキャンプへ行く場合、どうしてもバイクに積める荷物は限られてきます

その限られたスペースの中で、お気に入りのキャンプグッズを選ばなければいけないのは言うまでもありません

・これ持って行きたいけど、積めない!
・このランタン持って行くから、このキャンプ道具は諦めよう…。
・荷物積みすぎてバイクの運転が心配

などと思ったことはないでしょうか?

 

ランタンはキャンプの醍醐味でもある「夜の時間を楽しむ」ために必須のアイテムであり、キャンプの象徴的なアイテムでもありますが

しっかりとした光量のランタンは意外と大きく荷物としてもかさ張りがちです

森’
森’

荷積みしている時はテトリスの気分だよ

バイクでキャンプ行く際には、いかに荷物をコンパクトにまとめ、かつ軽量にするかが重要です

何故なら軽量にした方が、バイクの操作性もそこまで悪くならず事故のリスクも減らせるからです

 

そこで今回は実際バイクで年間15回以上キャンプへ行く私が、

必ずキャンプへ持って行く3つのおすすめ小型ランタンを用途別にご紹介いたします

 

結論からいうと次のこの3種類です

・Goal Zero(ゴールゼロ)Lighthouse micro flash
・Ledlenser ML4
・UJack 充電式ランタン
森’
森’

僕はこの3つのセットを必ず持って行っています

それでは順番に紹介していきたいと思います

おすすめはLEDランタン

ランタンの種類も沢山ありガスランタンや灯油ランタン、

ガソリンランタンやLEDランタンなどがありますが

その中でもバイクでのキャンプへ行く場合はLEDランタンが一番のおすすめ!

何故おすすめかというといくつものメリットがあり以下のポイントが理由となります

理由はこちら
・コンパクトの物がおおい
・扱いやすい
・テント内でも使える
・安価
・使用時間の長さ
・燃料コストの安さ
etc

ガスランタンや灯油ランタンなでの”燃料系”ランタンは、

ランタン本体とは別に燃料を持って行かないといけないという部分では

荷物がかさ張るという問題が発生します

また、テント内で使用すると十分に対策をしなければ一酸化炭素中毒や火事の危険性が発生します

 

対してLEDランタンは充電式の物が多くあり

事前に自宅でランタンを充電しておけば使用できるの

LEDランタン本体1つ持って行けば済むので非常にコンパクトです

しかも、燃料系ランタンの様に一酸化炭素中毒などの心配もないのでテントの中はもちろん、野外でも安心して使用できます

実際使っているこの3つが最強コンビ!

それでは、実際に使っているLEDランタンを順番に紹介します

それぞれランタンの特徴によって使い分けています

撮影:森’

左:Ledlenser ML4(テントの室内用)
真ん中:ゴールゼロ:(テントの前室用)
右:U Jackランタン(メインランタン)

Goal Zero(ゴールゼロ)Lighthouse micro flash

goal zero lighthouse micro flash

撮影:森’

\\ 注目 //


言わずと知れた大人気小型LEDランタンのGOALZERO

種類はライトハウス マイクロとフラッシュライト付きのフラッシュの2種類

森’
森’

おすすめはライトハウスマイクロ フラッシュ

ライトハウスマイクロ フラッシュはフラッシュライトが装備されているので、キャンプ場で夜な夜なトイレに行くときに足元を照らすのに便利!

そしてUSB充電ができ繰り返し使用でき、明るさも最大150ルーメンあるのでこれ1個で十二分に照らしてくれます

撮影:森’

テントの前室用として使っていますが、これ1個で真っ暗な夜でも

テント前で料理するしたり、探し物をするにしても前室全体を照らしてくれるので

非常に重宝しています

Goal Zero(ゴールゼロ)Lighthouse micro flashについて詳しくはこちらの記事へ

Ledlenser ML4

撮影:森’

\\ 注目 //

こちらもゴールゼロに続いて人気のLedlenserのML4

ML4も種類があり通常版の「ML4(白色)」と「ML4 Warm(暖色)」の2種類がり、私は暖色のML4 Warmを使用しています

ML4 Warmは柔らかい光を灯してくれて、どのキャンプ場でも良い雰囲気を演出してくれます

 

なぜ白色のML4ではなく暖色のML4 Warmを購入したかというと

暖色の方が断然キャンプの雰囲気が良いからです

それにキャンプ場で光が白色のランタンを使用するとはっきりと光るLEDのまぶしさが目に刺さり不快感がでてしまったり、明るすぎてキャンプの雰囲気を壊し周りに迷惑がかかる可能性もあります

森’
森’

キャンパーさんは夜の雰囲気を大事にしている方が多いです

ML4 Warmはロー・ミドル・パワーの3段階に光量調整ができ

実際テント室内で使用する時は一番光量の低いローで使用しています

雰囲気重視の方はLedlenser ML4 Warmがおすすめです

Ledlenser ML4について詳しくはこちらの記事へ

UJack 充電式LEDランタン リモコン付き

撮影:森’

\\ 注目 //

メインランタンとして使用しているUJackの充電式リモコンLEDランタン

UJack:千葉県に拠点を持つ日本のアウトドアブランド

コンパクトながら最大560ルーメンと非常に明るくテントから少し離れたところに設置すると、自分の周り全体を程よく照らしてくれます

 

機能としては白色や暖色とそれぞれ切り替えができそれぞれ3段階の調整が可能なので

その場の雰囲気に合わせて明るさを調節できます

森’
森’

リモコン付きなので離れている所でもON・OFFでき非常に便利

また、いざという時モバイルバッテリーとしても使えるので重宝しています

 

重量は少しあるがコンパクトで場所も取らないし底面には磁石があるのでバイクに付けたりもでき使い勝手がGOOD

まとめ

いかがでしょうか?

今回は、バイクでキャンプへ行く時におすすめな小型LEDランタンをご紹介しました

キャンプブームにより数多くの小型LEDランタンが発売されていますが

どれがいいんだろう?

何買ったら分からない

と、悩んでる方がいましたら今回ご紹介した3種類のLEDランタンをぜひ選んでみてください

非常にコンパクトで荷物の隙間に入れられる
明るさもしっかりとあり高性能
一般的なランタンより軽量で楽

ただ小型LEDランタンにもそれぞれ特徴があるので、ただ明るければいいという訳でもなく

用途に寄って使い分けすることによって快適なキャンプを過ごすことができます

あなたにピッタリあうランタンに出会えますように!

今回はここまで

おわり!

今回のアイテム

\\ 注目 //